ユンボの免許

ユンボを運転、操作するには、免許が必要です。工事現場での作業はもちろんのことですが、例え自宅の庭を造作するにもユンボの免許は必要ですので、私有地だからといって無免許で運転してはいけません。自宅仕事だからということで、無免許でユンボを運転する人もいますが、それは大変危険な行為ですので止めましょう。どうして危険なのかは説明するまでもありませんね。ユンボの免許は、普通自動車運転免許を持っているような人であれば、比較的楽に取ることが出来ます。一度取っておけば、例えしばらく作業をする用事が無くてもいざという時に活かせる資格なので取っておいて損はありません。


ユンボの免許を取得するには、学科と実技講習を受ける必要があります。この講習は2日間行われるのですが、そのうちの1日は学科で、もう1日が実技講習となっています。この両方を受講する必要がありますので、もちろん両方受講しなければ免許を取得することが出来ません。この講習を受けることによって、正しい操作方法とユンボについての正しい知識を身に着けることが出来ますので、免許を取得しないで操作するということは危ないですから絶対に行なわないでください。


【この記事に関連するサイト】
ユンボ 中古
ユンボ ヤンマー
建設機械 ユンボ
データ入力 アルバイト
めっけもん
飲みやすい青汁
アサヒ軽金属の活力なべ
グリーストラップのメーカーなら
DHCの!育毛剤
偽痛風の原因と治療
オムロンのマッサージチェア
肩こりや頭痛は枕で治そう!
ノニの効能はこちら


ユンボの講習

実はユンボの免許には2種類あります。その種類というのはユンボの大きさによって決まっているのです。小さいサイズの俗に「ミニユンボ」と呼ばれているものを操作するための免許と、機体の重さが3tを超えるユンボを操作するための2種類です。自宅作業など個人的に使用するのであれば、ミニユンボ用の免許で十分だと思います。これは「小型車両系建設機械特別教育」と呼ばれています。一方、建設作業現場などで、業務として使用する3t以上のユンボの場合は「車両系建設機械技能講習」と呼ばれています。こちらは大型特殊自動車運転免許を持っているかどうかで講習の日数が変わっています。あまり一般には知られていないようですが、このようにユンボには個人的な使用に向いた免許と業務向けの免許の2種類あることが分かりましたね。


さて、業務向けのユンボの免許ですが、大型特殊自動車免許を持っていない場合には、講習の日数が通常よりも長くなります。具体的な日数は6日間ですが、実技講習についても長くなっています。また、大型特殊自動車免許を持っていて、さらに3t未満のユンボの操縦をした経験がある場合は2日間で済むという規定もあります。ユンボの免許を取得する為の免許取得にかかる費用ですが、日数が2日間の場合は3万6000円から4万5000円、日数が6日間だと8万5000円から9万6000円くらいが相場のようです。その講習は、日立やコマツが行っており、いずれも全国に10ヶ所以上の取得センターがあります。日程に合わせて、ぜひお近くのセンターで講習を受けてください。